MENU

脱毛しているのに急に太くて長い毛が生えてきた!それは硬毛化です

脱毛すれば綺麗なツルツルの素肌になれる!そして自分で処理する必要もないのでいいことづくめですよね。そんな脱毛でもちょっと気になるデメリットもあるんです。それが硬毛化というものなのですが、一体どういうものなのか見ていきましょう。

 

硬毛化とは一体なんなの?

 

硬毛という文字からわかるように。髪の毛やデリケートゾーンの毛などの太くてしっかりした毛は硬毛と呼ばれています。
その逆に。細くて柔らかい産毛のような毛のことを軟毛と読んでいます。

 

脱毛をしていくと、脱毛する前よりもムダ毛が太くなったり長くなったりする場合があるのですがこの現象が硬毛化なのです。
硬毛化が発生しやすい部位としては、顔やうなじ、背中、二の腕、お腹といった部分。
一般的に産毛が多い部位で発症するのです。

 

硬毛化の原因が知りたい

 

残念ですが今のところ、硬毛化の原因についてははっきり解明できていないのです。
一説としては、体質やホルモンのバランス、脱毛マシンの弱い出力での度重なる施術などの要因が、ムダ毛を成長させてしまうエネルギーとして働いてしまうのではないかと言われています。

 

産毛がしっかりと濃い硬毛になることから、レーザーなどの照射がムダ毛の成長を促しているという説が一番有力なんだそうです。

 

硬毛化のデメリットとは?

 

硬毛化したムダ毛は、脱毛効果が出にくいというのがデメリットです。せっかく脱毛しようと思って施術したのに、脱毛効果が出にくい硬毛化になってしまうのはちょっと悲しいですよね。効果をだそうとすると、レーザー脱毛の場合では火傷するぐらいの高出力が必要なんだそう。

 

硬毛化に対する策はあるのか?

 

もしも硬毛化になってしまった場合にはどのような対策を取ればいいのでしょうか。

 

別の脱毛マシンで施術してみる

 

今まで施術していたマシンではないマシンで脱毛してみると効果がある場合があります。

 

高出力で照射してもらう

 

もちろん肌にダメージを受けるのでサロンと相談しながら行ってください。

 

絶縁針での脱毛

 

針脱毛で処理するのは効果的ですが痛みがあるのに加えて費用もかかるのがネックです。

 

硬毛化が起こってしまうと、サロンやクリニックによってはその部分の照射については無料で対処してくれるところもあります。
こういった場合にもきちんと対処してくれるサロンを選んでおけば安心でしょう。